FC2ブログ
 
プロフィール
 

エスケアスタッフ

Author:エスケアスタッフ
愛知県半田市にある有料老人ホーム「エスケア」のスタッフブログです。

 
ホームページURL
検索フォーム
 
 
QRコード
 
QRコード
 
 
 

ココアちゃんの旅立ち🌟

 
2017/05/27(Sat) Category : 未分類
エスケア半田の斎藤です☆彡

5月21日0:26
ココアちゃんは虹の橋を渡り天国へ旅立ちました

いつも見ていた窓です
CIMG5049.jpg
CIMG5063.jpg


ココアちゃんは、実はエスケアに捨てられていた
子猫だったんですよ

scan-001.jpg
scan-002.jpg

「リリー動物病院」では、西洋医学の他
色々な治療を行っているので、ココアちゃんも
お世話になりました。

テレセラピー(遠隔治療)と
アニマルコミュニケーションです。

アニマルコミュニケーションでのココアちゃんの
メッセージを一部紹介します。

“ぼくがご飯を食べられないのは、口の中が痛いとか
嘔気があるからじゃなくて、年をとって
たくさん食べられなくなったからだよ。だから、
無理やり口の中に食べ物を入れるのはやめて欲しいんだ。

ママがぼくに愛情をそそいでくれたことは十分
分かってるよ。ぼくもママが大好きだよ。

ぼくがいなくなった後、ママがとても悲しむと思うから
それが心配なんだ。

ぼくが死んでも、ずっとママのそばにいるから
悲しまないで・・・。”

2007年11月7日④
実は、ココアちゃんは私の心配をしていたのです

アニマルコミュニケーションでココアちゃんの
気持ちを聞いたことで、無理やりご飯を食べさせる
ことはやめました。大さじ1杯のペーストをこまめにあげる
ようにして少しずつ食べられるようになりました。(本当に少しですが・・・)
旅立つ少し前には、ペーストではなくカツオをほぐしたものを
食べることができました。
2007年11月7日②

そして、いよいよ何も食べられなくなり
体重は2.45㎏に減り(約3分の1です)、自力で動くことも
できなくなりました・・・。
いつ逝ってもおかしくない状況だったので私も必死です
「ママが帰ってくるまで絶対待っていてね」と声を掛けて
仕事に出ていました
2008年1月26日

最期は私の連休です
私が恐れていた慢性腎不全の末期に起こる
痙攣発作や呼吸困難で悶え苦しむこともなく
しずかに旅立ってくれました。
最期は「頑張ってね」とは言えず「もういいよ」「頑張ったね」と
声を掛け、その数時間後に旅立ちました。

どの瞬間も、全力で最大限、私の出来る事を精一杯
やり尽くしたので悔いはありませんでした。
こういう気持ちで見送ることができたのもココアちゃんの
プレゼントだと思っています
最期まで本当に100点満点の子でした
次の日、東京から娘も帰り親子3人でお別れもできました。
2008年12月31日②

ブログを見て声を掛けてくださった方もいました。
ココアちゃんがたくさんの愛情をそそがれて旅立てた
ことに感謝です

皆さま、本当にありがとうございました
これからもひとつひとつの命を大切にしていきます



 
コメントアイコン Comment0
 
Home | Top ▲
 
最新記事
月別アーカイブ
 
 
カテゴリ